アドセンスの記事が書けない!書き方や構成は!?

アドセンスの申請をするにもブログの記事ってどうやって書いていくの?
どんな構成にしていけばいいの?
って悩みますよね。

答えは形を知ってまずはガンガン書いていって後で見直して修正していく。
っていうのが一番早いです。
最初からいきなり良いものは作れない。というのがぼくの考えです。

そうは言ってもやっぱりブログを始める頃は
「書き方がわからない・・・どんな風にすればいいんだろう」
って手が止まってしまう事が多いと思います。

そこでアドセンスの申請をする時の記事の書き方をまとめました。

この記事を読み終える頃には
アドセンスの申請をする時の
記事の書き方や構成がきっとわかるようになっていると思いますよ。

アドセンス記事の構成

アドセンスの記事を書くのにコレといった決まりはありませんがおすすめは次の形式です。

かんたんにわかるアドセンス記事の書き方

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

タイトル

記事のタイトルは検索結果で一番上の行に表示されます。

記事タイトルの付け方

検索した人はこのタイトルを見て記事を読むかどうかを決めるのでタイトルはものすごく大切です。

それだけでなく検索エンジンにどういった記事であるかを伝える役割もあります。
事前に選定したキーワードを自然な形で含めるというのを必ず行いましょう。

さらに文字数にも注意が必要です。
上の画像でもわかる通りグーグルの検索結果の表示で記事タイトルは28文字前後で省略されてしまいます。

というわけで、

思わず読んでみたくなる
キーワードを含める
できるだけ28文字前後

という条件を満たした記事タイトルを考えていきます。

さらっと言いましたがこれが結構むずかしいんですよね。
正直、慣れるまで時間もかかります・・・

けれども記事タイトルはそれだけ重要なので、しっかりがっつり考えましょう。

ここであまり考えすぎても時間が経つだけなので

まずはキーワードを含めるというところから始めていきましょう。

画像

タイトル下の画像はアイキャッチとも呼ばれます。
今では定番となっています。

ブログを見ているとよく見かけるのではないでしょうか。

アイキャッチはその名の通り目を引き付ける効果があります。
SNSなどで記事をシェアしたり拡散された際アイキャッチがあるかないかでクリック率が大きく変わります。

写真がある事で思わず目が止まりますよね。
記事の内容も気になっってしまいます。

というわけで、アイキャッチの効果は絶大なのです。
手間ですが記事毎に画像を設定しましょう。

冒頭文

冒頭文の内容で本文を読んでもらえるかどうかがほぼ決まります。

本文にはこんな情報が書いてあるよ!

とか

○○を解決する方法を本文にまとめたよ!

というのを簡潔に書きましょう。
ムダに長文だとせっかくアクセスしてくれたのに離脱されてしまいます。

思わず続きを読んでみたくなるような感じで要点を押さえつつもさらっと仕上げてください。

見出し

↑コレが見出しです。
目立つように装飾された部分です。

基本的に見出しは必ず使うようにしましょう。
なぜ見出しが必要かと言うと理由は主に2つあります。

まず1つは読者さんが読みやすくなる。という利点があります。
ただ文章がずらずらずらーっと書いてあるよりも文章構成がはっきりしますよね。

また見出しを読めば「何について書かれた章なのか」というのが分かるので記事を読み進めていく上で理解しやすくなります。

もう1つの理由はSEO効果です。
読者さんに対してだけではなく記事の構成や重要部分を検索エンジンに伝える役割があります。

読者さんの読みやすさに加えSEO(検索上位表示施策)にも有効

となれば見出しって重要ですよね。
ぜひ使ってください。

見出し説明文

ここが最も重要となります。

読者さんが求めている情報をしっかりと詰め込んでください。
ここがスカスカだと記事として無意味です。

また、すごく基本的な事ですが読みやすい文章で書いていきましょう。
具体的には

顔文字や記号を使いすぎない
標準語で書く
きちんとした日本語を使う
適度な句読点と改行を使う

といった事に気を付けてください。

顔文字や記号はほどほどならかまいませんが連発されると文章が読みづらくなりますよね?
また方言や造語も避けましょう。

【悪い例】

ワロスwww

極端すぎますが。

誰にでも通じる言葉でなければ読まれません。
信憑性も薄れます。

上記に加え、適度な句読点と改行を用いてより読みやすさを心掛けてくださいね。

まとめ

記事の内容をざっくりまとめて締めます。

読んでくれた読者さんへのお礼の一言で締めたり、お決まりの一言を使ったりと締め方は様々です。

ボクサーの竹原慎二さんはご自身のブログ記事を必ず

「じゃあの」

で、締めます(笑)
固定ファンが付くようなブログであればこういった締め方もアリですね。

ブログのカテゴリや、運営者のキャラに合った締め方をしてください。

アドセンス記事の書き方 まとめ

今回ご紹介したアドセンス記事の書き方は、あくまで基本的な構成です。
「必ずしもこうだ!」というわけではないので、まずはこのやり方で記事を書いていきつつ、

自分なりの効果的な記事の書き方

を、模索してくださいね。

以上、かんたんにわかるブログ記事の書き方でした。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。