グーグルアドセンス

アドセンスの記事を読んでもらえない

更新日:

記事の本質は人と人との信頼を築く

あなたは、せっかく時間を使って
一生懸命書いた記事を
読んでもらえず落ち込んだり悩んでいたりしていませんか

けれどもよく
考えてみてください。
アドセンスしても他のアフィリエイトにしても
「いつでも読める」もの

なので
読んでもらえないのです。

そもそも
「4大NOT」があるのをご存知ですか?

読者をひきつける文章が書けるマインドセット

4大NOTとは
「開けない」
「読まない」
「信じない」
「行動しない」
のことです。

例えば
会社や町内会などの
予定表やお知らせのような
ものだったら一通り最後まで読んでもらえるでしょう。

あるいは、
信頼できる友達から勧めるレストランなら
1度行ってみようかな
と思ったことはありませんか?

読者をひきつける文章が書けるマインドセット

信頼できる営業マンだからこそ
話を聞いて
商品を買ってみようと思ったこと。

いつも読んでいるブログで
お薦めされていたから。
という理由でお金を使うことは
少なくありません。

ですので、
人と人の信頼関係を築くことは大切です。

では、どうしたら読んでもらえるのでしょう。

そこにはマインドセットが必要なのです。
マインドとは「心構え」です。
「そんな精神論はどうでもいいです」
って思いますよね。

読者をひきつける文章が書けるマインドセット

マインドセットや精神論なんて
どうでもいい!
といってないがしろにしていると
後で後悔することになります。

なんとしても、記事を読んでもらう!!!

この気持ちが大切です。

例えば
ビジネス書を売るときに
「この本は必ずプラスになる!!!」
「なんとしても読者を良くする!!!」
という意気込みで書きます。

これが、もしも
「お金を使わせるなんて悪いなあ。こんな自分が売るものだしなあ」
なんて、思いながら書いていたらどうでしょうか?

読者をひきつける文章が書けるマインドセット

そういう気持ちはどうしても
文章の言葉の弱さとして現れます。

売り込みなんてかけたら
「読者に嫌われてしまうんじゃないか?」
という心配があるんですよね。

でも、大丈夫です。
文章は
「人と人の信頼関係を築く」です。

「読者に読んでもらう!!!」
という意気込みで書くことが大事です。

行動してもらうには?

では、行動してもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

【行動の前提は欲です】

世の中のテレビCMや広告を見ると
巧妙に私たちの欲求を刺激しているのです。

私たちの行動のほとんどは
「欲」に突き動かされてた結果なのです。

だからこそ、
欲求をうまく刺激できるようになると
人の行動を変えることができます。
いまこうしてあなたがここを読んでいるのも同じです。

もう1つの大切なマインドセット

あなたはネットビジネスのアドセンスを
やっていこうと決心しました。
そして記事を書いて
なぜか結果が出ないこともあります。

読者をひきつける文章が書けるマインドセット

あなたは、この地点でネットビジネスの
大事なマインドセットを忘れています。

あなたがアドセンスをやろうと思ったのは
成功している人が続出しているからです。

月に何百万とか、何千万とか、
ゴロゴロいます。
あれはウソではなく本当に成功しています。

成功している人は
メンター(師匠)に出会えたからです。
成功している人たちは
メンター(師匠)からノウハウを学び
アドセンスの記事を投稿する前に添削してもらい
記事のテーマの作り方や書き方についてアドバイスを受けたからです。

読者をひきつける文章が書けるマインドセット

ですので、
アドセンスの記事を書いて
稼げるようになるには
メンター(師匠)に教えていただいた方が
早道です。

そして
「メンター(師匠)の教えを守る」こと
このマインドセットは絶対覚えておきましょう。

守破離の守のステージです。
ネットビジネスでは常識です。

メンターの教えを守ることで稼げるスピードが変わります。

ネットビジネスの仲間として
お互い頑張りましょう。

ぼくがどんな人に教えてもらったのかもここでわかってしまいます。

-グーグルアドセンス

Copyright© アドセンス一点集中企画 -アドセンスに受かりません!困ってます!-僕の夢 , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。